大阪不動産リサーチ

40代大阪在住管理人が 大阪の不動産と投資を調査

雑記(サイトや書籍紹介)

【図で解説】楽天UNーLIMIT2.0の格安利用にチャレンジ

楽天UN-LIMIT2.0を格安で使いたい!

管理人は不動産クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)事業者に10以上登録しており、普段使いのスマホと不動産ファンド用の端末を分けて投資関連の管理しやすくしたいと考えていました。

 

2つの端末を持つことになるためなるべく低コストにしたいと考えていた時、1年間無料という大胆なキャンペーンで注目の楽天UN-LIMITを知りました。

楽天UN-LIMITを調べると、大阪在住の管理人は楽天回線エリアに含まれていたものの、iPhoneをはじめとして楽天回線”非”対応機種が多いという問題がありました。

 

そこで、iPhoneユーザーである管理人が楽天回線”非”対応のAndroid端末を安価に入手して楽天UN-LIMITを格安に利用する方法にチャレンジしましたのでその方法を紹介します。

 

”非”対応端末を使う方法であるため当然公式サポートは期待できません。エリアや機種によって同じ方法であってもうまく楽天UN-LIMITを使えるとは限りませんし、保証もできないことをご了解ください。

 

楽天UN-LIMITのポイント

  • Rakuten Linkアプリを利用すれば無料で国内通話かけ放題、SMSも使い放題
  • 楽天回線エリアではデータ容量使い放題、パートナーエリア(au)はデータ容量5GB
  • 楽天回線エリアは大都市圏に限定されている
  • 海外66の国と地域でも無料で月2GBまで使える
  • 先着300万名対象でプラン利用料金2,980円が1年間無料!
  • 楽天モバイル契約で楽天でのお買い物でもらえるポイントが+1倍!

 

>>楽天UN-LIMIT 2.0の申し込みはコチラ

 

ポイントがもらえる特典

  1. Rakuten UN-LIMITを契約後、Rakuten Linkアプリを使うと事務手数料相当額の3300ポイントゲット
  2. Rakuten UN-LIMITをオンライン契約(Web上で契約)し、Rakuten Linkアプリを使うと3000ポイントゲット
  3. 紹介者特典を利用して契約すれば2000ポイントゲット
  4. Rakuten UN-LIMIT対象製品購入で最大15000ポイントゲット

 

今回は端末を自分で準備するため、一番したの最大15000ポイントゲットはできませんが、それ以外だけでも8300ポイントゲットできる可能性があります。

 

格安利用計画と手順

管理人が実践した方法の紹介であり、同様に回線利用ができることを保証するものではありません。

端末の選定から回線開通まで順番に説明します。

 

端末の選定

端末を選ぶにあたり、楽天回線対応機種は中古であっても1万円以上であったため、”非”対応機種の中から楽天UN-LIMITを使えるものを探します。

楽天UN-LIMITでは楽天回線が使えるエリアは楽天回線、使えないエリアはau回線を利用するため、auの周波数帯(バンド)に対応していることが求められます。

そのため、auの端末をSIMロック解除して使う(SIMロック解除済みの中古端末を購入する)ことに決め、auから2017年11月に発売されたAQUOS sense SHV40を購入しました。

ヤフオクやメルカリなどでSIMロック解除済みのものが6000〜8000円程度で販売されており、auから発売された機種なのでauの周波数帯に対応しているのは間違いないからです。

 

 

SHV40を選択するまでに先人たちの様々な情報を参考にさせていただいたサイトをご紹介します。

その他の機種についても情報が満載なので、SHV40以外の機種を試したい方はぜひご確認ください。

 

申込手順と紹介者特典

機種が決まり購入を済ませたら、次は申し込みをします。

今回は端末を自分で準備するため、SIMカードのみの注文になりますが、楽天の公式サイトで申し込み → 正式契約という2段階の手続きでした。

 

申し込みはコチラから↓

 

特典3 紹介者特典で2000ポイントゲット

正式契約時に”紹介者特典”を用いると2000ポイントの楽天ポイントがゲットできます。

【紹介特典ご利用の方】の欄に紹介してくれる人の楽天モバイルIDを入力し、「適用する」ボタンを押せばOKです。

 

ぐりーんりんく号
紹介してくれる人がいない場合は、管理人IDでよろしければ「2020050300280」をご利用ください

 

 

正式契約が済めば数日でSIMカードが届きますのでしばらく待ちましょう!

 

回線開通手順

SIMカードが届いたら次は回線開通の手続きを行います。

① AQUOS sense SHV40のSIMカードはnano SIMなので楽天SIMをnanoサイズに切り取って挿入

② 基本機能→設定→ネットワークとインターネット→モバイルネットワークをタップ

 

③ 詳細設定→アクセスポイントと進み、APNをタップして”rakuten.jp”、名前は(例えば)”rakuten”と手入力します。

 

④ 右上の3点ドット部分をタップして「保存」を選んで設定完了

⑤ 再びネットワークとインターネットを開き、モバイルネットワークが”Rakuten”となっていることを確認

 

my楽天モバイルとRakuten Linkアプリのインストール

最後にmy楽天モバイルとRakuten LinkアプリをインストールしてSMS認証を行います。

これが完了すれば特典1(3300ポイント)と特典2(3000ポイント)をゲットできます。

下記リンク・QRコードからGoogle Playにてダウンロードしてください。

 

 

Rakuten Linkアプリを起動し、各種設定を終えると「ようこそRakuten Linkへ 携帯電話番号の認証」というメッセージが出るので”送信”をタップすれば、SMS認証が行われます。

 

おめでとうございます!これにて設定は完了です。

 

 

まとめ

Rakuten UN-LIMIT2.0を非対応端末を安価で入手して設定する方法を解説しました。

サービス開始したばかりで様々なトラブルが発生することが予想されますが、管理人は投資管理用のサブ機として用いるため、1年間の無料期間中はおおらかな気持ちで対処しようと思っています。

楽天モバイルが第4の携帯電話会社として広く認められることを期待しています。

検索

-雑記(サイトや書籍紹介)

Copyright© 大阪不動産リサーチ , 2020 All Rights Reserved.