その他の投資(FX、株式投資)

【運用報告】FX初心者の運用報告(9月)

スポンサーリンク

2019年 FX運用9月の概況

2019年はDMM FX、ヒロセ通商、アイネット証券で口座を開設して、異なる運用方法を試したり、投資する通貨を変えながら最終的な利益を目指しています。

FXデビューから15ヶ月目に突入の9月のFX収支を公開します。

 

ポイント

・DMM FX → 約2万円のプラスとなったが、累計収支は8万円超のマイナス

・ヒロセ通商 → 全体的に円安方向に動いたため5.5万円弱プラスで、累計収支もなんとかプラス化

・アイネット証券 → メキシコペソ/円を新規運用開始、豪ドル/NZドルは一旦停止、小額プラス

 

9月の口座別運用報告

9月はすべての口座でプラス収支になり、累計収支が改善されました。口座別の詳細な運用報告をご覧ください。

 

DMM FX 豪ドル/円、USドル/円

DMM FXでは豪ドル/円をメインで為替差益を狙っており、状況によりUSドル/CAドルも運用中です。

 

>> DMM FXの口座開設はこちら(20,000円のキャッシュバックあり!)

DMM FX

 

8月には豪ドル/円の見通しとして“70円を割り込むリスクは小さくなってきたと考えられますので、買いに転じるタイミングを慎重に見極めたい”と考えていました。

9月は71円半ばからスタートし、中旬には74円台まで円安が進んだため買いポジションでコツコツと利確できました。

9月末には再び72円台に戻りましたが、今後もしばらくは71円〜74円程度で推移すると考えていますので、売り買いのタイミングを見極めたいと思います。

 

USドル/CAドルはここ1年の間は1.31〜1.33の間を行ったり来たりの状況で、数年単位で見ると上昇傾向となっているため、下がったタイミングで買いポジションを持って少量取引をしています。

 

ヒロセ通商 豪ドル/円、南アランド/円、トルコリラ/円

ヒロセ通商は主にスワップポイントを狙って豪ドル/円と南アランド/円を中心に、トルコリラ/円とメキシコペソ/円を少し取引しています。

 

>> ヒロセ通商の口座開設はこちら(最大50,000円キャッシュバック!)

FX取引ならヒロセ通商へ

管理人おすすめです!

 

9月の平均レートは豪ドル=75.720円、南アランド=7.416円、トルコリラ=17.750円、メキシコペソ=5.526円と大きな変化はありませんでした。

豪ドル/円と南アランド/円の下落が泊まったこともあり、9月の収支は5万円以上のプラス収支でした。

 

ヒロセ通商だけでみると、年初来の累計収支もなんとか再びプラスに転じました。

豪ドル/円 1万通貨あたりのスワップポイントは、6月末は33円でしたが9月末は20円にまで下がっており、運用が厳しい状況は変わっていません。

南アランド・トルコリラに続いてメキシコペソの運用を開始し、スワップポイントはそれほど大きな変動はなく、順調な運用ができています。

トルコの情勢が不安定なため、トルコリラの運用は慎重に行いたいと考えています。

 

豪ドル円

豪ドルの運用を開始した頃は1万通貨あたり50円のスワップがあったものが、9月末は20円程度まで下がっており、多少回復したものの相変わらず含み損も大きいため、長期戦の様相です(スワップ運用なので元々長期戦です (^_^;))。

 

 

南アランド円

8月末時点では7.0円を下回っていた南アランドもなんとか回復傾向を見せており、含み損は減少し、高いスワップのおかげで全体としてはほとんどプラスマイナスゼロの状態になりました。

ただし、南アランドも中期的には円高にシフトしていると考えますのでポジションの調整は慎重に行います。

 

 

トルコリラ円

8月に18円台前半のでポジションを持つことができましたが、9月はさらに下でポジションを持って運用しています。

ただ、トルコと周辺との紛争などもあり情勢が不安定になりそうなので、ごくわずかなポジションを維持したいと考えます。

 

 

メキシコペソ円

メキシコペソ/円は9月から小ロットでの運用を開始しました。

魅力は高いスワップポイント(1Lot(10000通貨)あたり13円(9月末))と、10年間の為替変動の中で現在のレートは最低水準に近いため、買いポジションで入りやすいことです。

 

 

アイネット証券 豪ドル/NZドル(ループイフダン)

ループイフダン運用はアイネット証券を使い、為替研究所様(管理者Yuki様)の初心者向けループイフダン企画に参加するところから始めました。

豪ドル/NZドルをかなり安全運転な設定のループイフダンで長期運用するもので、詳細は下記リンクをご参照ください。

9月は豪ドル/NZドルのレートが1.08に達したことから一旦運用を停止し、代わりにメキシコペソ/円やトルコリラ/円の運用を開始しました。

 

 

>> アイネット証券の口座開設はこちら

シストレi-NET

初心者の管理人も簡単に設定できました! 

 

豪ドル/NZドルの運用は順調でしたが、区切りと考えていたレート1.08を超えたため、一旦停止しました。

今後、1.06を割ることがあれば再びスタートしたいと考えています。

代わりに事前に検討していたメキシコペソ/円やトルコリラ/円の試験運用を小さなポジションで開始しました。

 

ぐりーんりんく号
ちょっとトルコ情勢が気になりますけどねぇ・・・

 

9月の運用収支結果

2019年9月末現在の運用収支を公開します。

注:いずれの口座も計算時点でのポジション損益を含めた有効証拠金をあらわしています。

 

マイナス収支だった8月から回復し、アイネット証券のループイフダンは小幅プラス、裁量取引のDMM FXとスワップを狙うヒロセ通商は万円単位のプラスとなりました。

それでも2019年の累計収支はマイナスのままなので、引き続き淡々と取引を続けてプラスを目指したいと考えています。

 

9月の結果と10月の方針

9月はすべての口座でプラス収支となりましたが、累計収支はマイナス圏から脱却できていません。

豪ドル/円は当面71円〜74円で推移すると考えて、その間の売買により利確し、メキシコペソ/円の運用に慣れていきたいと思います。

10月の運用方針は以下の通りとしました。

 

検索

スポンサーリンク

-その他の投資(FX、株式投資)

© 2021 大阪不動産リサーチ