運用実績紹介

【投資額公開】4年目の不動産クラウドファンディング収支報告(6月)

スポンサーリンク

2021年6月の不動産ファンド結果報告

不動産クラウドファンディングの2021年6月の投資額や配当額を公開して収支報告します。6月はCREAL、OwnersBook、ぽちぽちFUNDING、LENDEXに出資しました。出資残高は再び800万円を超え、2021年の月平均投資額は目標の700万円をキープしました。

 

投資家登録している不動産クラウドファンディング

 

融資型ファンド 不動産特定共同事業型
OwnersBook CREAL
CRE Funding Jointo α
FUELオンライン ASSECLI
bitREALTY FANTAS funding
LENDEX Rimple
Funds ぽちぽちFUNDING
SAMURAI FUND X-Crowd
Pre REIT Fund RENOSY
Crowd Realty わかちあいファンド
  WARASHIBE

 

 

2021年6月 不動産クラウドファンディング収支

2021年6月末時点の投資額と月間収支は以下のようになりました。

 

 

6月単月の投資残高は約801万円、税引後配当額は46,018円、2021年平均投資残高は約733万円、平均月額配当(税引後)は21,009円となりました。この配当額は平均出資残高に対して3.44%に相当します。

6月末も2021年の目標投資額である月平均投資残高700万円を維持できました。引き続き、「投資は余裕資金で」の鉄則にしたがって計画的に出資していきたいと思います。

 

ぐりーんりんく号
先月に続いて6月も償還されたファンドが多かったので2021年の最高配当額を更新しました。

 

ポイント

6月の収支で目立ったのはWARASHIBEで、3万円以上の配当でした。売買契約済みの超短期間・高利回りファンド(渋谷区 恵比寿 EXITファンド)と練馬区 武蔵関 Ⅰ ファンドが償還になりましたが、年換算利回りは

  • 渋谷区 恵比寿 EXITファンド ・・・ 62.0%
  • 練馬区 武蔵関 Ⅰ ファンド  ・・・ 41.5% 

となり「超」が付くほどの高配当になりました。

もちろん、運用期間が短かったことにも要因がありますが、管理人は2つのファンドで50万円を出資し、税引後の配当が3万4000円を超えるという十分満足いく運用結果になりました。

 

>> WARASHIBEの特徴をチェック!

【事業者調査】WARASHIBEの特徴とメリットを調査

WARASHIBEのポイント 株式会社SATASが運営する不動産特定共同事業法に基づく不動産クラウドファンディング「WARASHIBE」の特徴やメリットを調査しました。 すでに多数のファンドをリリース ...

続きを見る

 

WARASHIBEに登録!

 

出資先TOP3と出資割合

出資先の割合は1位: CREAL(19.7%)、2位: OwnersBook(12.5%)、3位:WARASHIBE(11.2%)となりました。WARASHIBEで2つのファンドが償還になったため投資残高が減って再びOwnersBookが2位に返り咲きました。

 

2021年は1月からずっとCREALが1位をキープしていますが、6月も「ドムス・スタイル押上」ファンドが募集され、管理人は20万円を出資しました。

CREALの特徴として募集額が数億円の大型ファンドを定期的にリリースすることが挙げられます(6月末までに1億円を超えるファンドが7件募集されています)。大型案件はクリック競争が激しくないため、本業が忙しく、募集開始時間にスタンバイが難しくても出資できる可能性があります。

 

>> CREALの特徴をチェック!

これからはじめる!CREAL(クリアル)の特徴と評判を調査

CREAL(クリアル)の魅力と課題 CREAL(クリアル)は2018年11月にサービスを開始した比較的新しい事業者ですが、その人気は非常に高く注目されています。 これからはじめる方向けに、管理人も50 ...

続きを見る

 

CREALに登録する

 

注目の不動産クラウドファンディング3選

管理人が投資家登録している中から特に注目している事業者を3つピックアップし、ファンドの特徴を紹介します。

 

姉妹サイトクラファンリサーチにて不動産クラウドファンディングの個別のファンド調査記事を執筆していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

CREAL(クリアル)

CREALは6月に大型ファンド「ドムス・スタイル押上」を募集し、募集総額5億5800万円あっさりと満額成立させました。

管理人はCREALへの出資割合が出資総額の19.7%を占めており、2021年は常に最大の投資先になっています。対象不動産の明確性やESG投資への取り組み、多くのファンドで利回りが4.5%〜6.0%と比較的高水準で安定している点など、おすすめできるポイントが多い事業者です。

 

>> これまでに配当遅延や元本割れは無し!

登録はコチラから

 

ASSECLI

株式会社エボルゾーンが運営するASSECLIは7月14日に「千葉県市川市#10ファンド」を募集します。このファンドは10号目となる記念ファンドとして、想定分配率8%・想定運用期間12ヶ月・劣後出資を含めた出資総額は過去最大となる1億8,000万円となっています。

 

ASSECLIでは7月31日まで「Welcomeキャンペーン#2」を開催中です。このキャンペーンは、2021年5月20日~2021年7月31日までの間に、新規に投資家申請を行った方の中から抽選で300名様へ、Amazonギフト券1,000円分をプレゼントするものです。

まだ投資家申請がお済みでない方は、下記記事からASSECLIの魅力をチェックしていただき、この機会にぜひ申請してみてください。

 

ASSECLIに登録

 

>> ASSECLIの魅力を調査

【クラファン】ASSECLI(アセクリ)の特徴と評判

ASSECLI(アセクリ)のポイント 不動産投資型クラウドファンディング、ASSECLI(アセクリ)の特徴や評判を調査しました。 ASSECLI(アセクリ)は株式会社エボルゾーンが運営する不動産特定共 ...

続きを見る

 

FUELオンラインファンド

FUELオンラインファンドはFUEL株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

 

「CRE Funding(シーアールイーファンディング)」からスタートし、現在は複数のファンド事業者による様々なタイプのファンドを取り扱う『FUELオンラインファンド』サイトを立ち上げています。

このシステムのメリットはFUELオンラインファンドの1つの口座で複数のファンド事業者に投資できるため、管理が容易になり、投資対象の分散化も容易になることです。現時点で、

  • CRE Funding
  • DL FUNDING
  • 高島屋ソーシャルレンディング
  • シノケンオーナーズファンディング(準備中)

の4つの専用サイトとFUELオンラインファンドのサイトが準備されています。今後、どのようなファンドが募集されるのか注目していきます。

 

>> FUELオンラインファンドに出資するなら

登録はこちら

 

2021年6月のまとめ

2021年6月はこんな月でした。

  • 新しくCREAL、OwnersBook、ぽちぽちFUNDING、LENDEXに出資
  • 6月末時点の出資額は目標の月末投資残高700万円を達成
  • 2021年月間配当額の最高を更新
  • 6月末時点の出資割合1位はCREAL、2位はOwnersBook、3位はWARASHIBE

検索

スポンサーリンク

-運用実績紹介

© 2021 大阪不動産リサーチ