運用実績紹介

2019年 投資目標

スポンサーリンク

2019年の投資方針

投資方針の概略

2017年12月に不動産対象のソーシャルレンディング・クラウドファンディング、2018年1月に株式投資(NISA)、2018年5月にFXにそれぞれデビューを果たし、約1年の間に投資対象の幅を広げてきました。

今年2019年は運用方法の幅を広げる1年にしたいと考えており、具体的には下記の方針を設定しました。

2019年投資の方針

  • OwnersBookでスタートした不動産系ソシャレンを他の事業者に拡大
  • FXでスワップポイントを狙った運用
  • ループイフダン B80 AUD/NZDの運用

 

不動産系ソシャレン・クラファン

OwnersBook中心に投資するスタイルは変わりませんが、ホテルファンドや空家再生ファンドに注目しているため、CREAL・Pre REIT Fund・FANTAS Fundingにも投資を開始しました。

また、少額ではありますが高利回りのファンドが組成されるLENDEXも投資対象に加えています。

既に満額になり締め切られましたが、CREAL最初のファンドはホテルアマネク吾妻橋ファンドでした。

もっと詳しく

しばらくの間、東京のホテル需要はさらに高くなると考えており、ホテルファンドに注目しています。

Pre REIT Fundもホテルファンドを組成しており、現在センチュリオンホテルグランド赤坂が募集中です。

もっと詳しく

FANTAS Fundingの空家再生ファンドは現在都市部でも空家が増加している現状、今後空家の活用を進めなければならないという時代背景に合うものだと考えています。

ただし、空家1軒の価格は数百万円程度であり、ファンドがすぐに満口になってしまうという問題のためにあまり多くの予算は割り当てませんでした。

 

FX(豪ドル中心)

豪ドル中心のFXはスワップ狙いのヒロセ通商と買いを中心としつつも場合によって売りも行なって運用するDMM FXに加えて2019年からループイフダンによる運用をアイネット証券で開始しました。

なお、ループイフダンについては全くの初心者であることから、為替研究所(管理者Yuki様)の初心者向けループイフダン企画に参加させていただきました。

豪ドル/NZドルをループイフダンで長期運用するもので、詳細は下記リンクをご参照ください。

 

投資予定額

株式投資(NISA)は年間120万円の枠があるのでこの範囲で運用する予定です。

基本的に長期保有で配当や株主優待を含めた利益を狙っているため、株式投資のカテゴリーは設けず、雑記カテゴリーにて時々報告する程度とします。

不動産系ソシャレン・クラファンおよびFXについては下記の投資予定額を設定しました。

豪ドル中心のFXは円高・豪ドル安の影響で初っ端からなかなか厳しい状況ですが、なんとか立て直したいと思います(^_^;)

※表中のリンクは各事業者の公式サイトへのアフィリエイトリンクです。

不動産系ソシャレン・クラファン運用予定

事業者 運用予定額(円) 備考
OwnersBook 1,200,000 エクイティ型含む
CREAL 500,000  
Pre REIT Fund 100,000 ホテルファンド
LENDEX 100,000 高利回り案件
FANTAS Funding 100,000 空家再生ファンド

 

FX運用予定

事業者 運用予定額(円) 備考
ヒロセ通商 500,000 スワップポイント
DMM FX 500,000  
アイネット証券 500,000 ループイフダン

 

 

検索

スポンサーリンク

-運用実績紹介

© 2021 大阪不動産リサーチ