運用実績紹介

【投資額公開】4年目の不動産クラウドファンディング収支報告(2月)

スポンサーリンク

2021年2月の不動産ファンド結果報告

不動産クラウドファンディングの2021年2月の投資額や配当額を公開して収支報告します。今月は「わかちあいファンド」に新規登録&初出資、CRE Fundingの物流ファンドなど出資額を増やし、月末時点の出資総額は約694万円になりました。

 

投資家登録している不動産クラウドファンディング

 

融資型ファンド 不動産特定共同事業型
OwnersBook CREAL
CRE Funding Jointo α
FUELオンライン ASSECLI
bitREALTY FANTAS funding
LENDEX Rimple
Funds ぽちぽちFUNDING
SAMURAI FUND X-Crowd
Pre REIT Fund RENOSY
  わかちあいファンド

 

 

2021年2月 不動産クラウドファンディング収支

2021年2月末時点の投資額と月間収支は以下のようになりました。

 

 

2月単月の投資残高は約694万円、税引後配当額は12,900円、2021年平均投資残高は624万円、税引後配当額は10,960円となりました。この配当額は平均出資残高に対して2.05%に相当します。

 

ぐりーんりんく号
毎月の手取り配当が1万円くらいになるモデルケースとして見てください!

 

出資先の割合は最大が CREAL、2位が OwnersBook、3位が bitREALTY でした。bitREALTYの新規ファンドは最低投資額が50万円→10万円になったことからより出資しやすくなったと思います。

 

2021年3月の展望

関西2府1県など関東1都6県を除いて緊急事態宣言が解除されますが、コロナ禍の影響は続いており、募集開始が1月から3月に延期されていたJointo αの新規ホテルファンドは、5月に再延期になっています。

その中でも、CRE Fundingの物流ファンド8700万円が数秒で満口になるなど高い支持を集めたファンドもありました。コロナウイルスの影響が完全になくなるのは相当先になると考えますので、事業者の分散、投資対象不動産の分散を意識して出資したいと考えます。

 

 

注目の不動産クラウドファンディング3選

管理人が投資家登録している中から特に注目している事業者を3つピックアップし、2月末時点の管理人の出資割合とファンドの特徴を紹介します。

 

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBookの運営会社ロードスターキャピタルは2017年に東証マザーズに上場した総合不動産会社で、不動産実務のプロフェッショナルが揃っていることがポイントです。管理人の初投資はOwnersBookであり、2月末時点で出資額全体の15.0%を占めています。

 

OwnersBookのファンドは戸建用地、オフィス、商業ビル、マンションなど多彩な不動産が対象で、募集額が億単位のファンドも多数募集されます。2月は募集総額3億6000万円のファンドが募集されました。「株主優待用投資枠」に出資できる株主優待を設定しているので、株式投資をやっている方も要チェックです。

 

OwnersBookに登録する

 

 

CREAL(クリアル)

CREALの2月は募集金額4億6000万円の大型ファンド「Rakuten STAY 富士河口湖駅」が募集され、バレンタインキャンペーンも開催されました。管理人もこのファンドに出資し、CREALへの出資割合が22.5%と過去最大になりました。CREALの特徴は商業ビル・保育園・学校施設・ホテルなど多彩な不動産の大型案件を組むことです。

 

>> 3月上旬に大型ファンドの詳細公開!

詳しくはコチラから

 

 

Jointo α (ジョイントアルファ)

穴吹興産が運営する不動産クラウドファンディングJointoα(ジョイントアルファ)は1月18日に小樽市のホテルファンドを募集することがアナウンスされていましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で一旦3月に延期、その後5月募集に再延期となりました。それでも2月15日には区分マンションファンドが3件同時募集され、管理人はその中の「アルファアセットファンド大阪天王寺」に出資しました。

 

東証1部上場企業である穴吹興産が運営するJointo α(ジョイントアルファ)は企業の信用が高く、ファンドの劣後出資比率が高いため元本が毀損するリスクが小さいことを評価しています。管理人のJointo αへの出資割合は5.8%とまだ低いですが、3月にも区分マンションファンドが募集されるため出資を検討しています。

 

>> 今なら新規会員登録で1000円分のAmazonギフト券プレゼント!

1__#$!@!#__不明.jpg

 

 

2021年2月のまとめ

2021年2月はこんな月でした。

  • わかちあいファンドに新規登録、初出資
  • 2月末時点の出資額は約691万円で、目標の月末投資残高700万円にあと10万円
  • 2月末時点で出資割合が最も高かったのはCREAL、2位はOwnersBook、3位はbitREALTY
  • CREALから3月上旬に大型ファンド公開の予告あり
  • 3月15日に延期されていた Jointo αのホテルファンドは再延期
  • bitREALTYの新規ファンドは最低投資額が50万円→10万円に

検索

スポンサーリンク

-運用実績紹介

© 2022 大阪不動産リサーチ