大阪の開発プロジェクト

【現地調査あり】梅田1丁目1番地計画の進捗を調査

スポンサーリンク

梅田1丁目1番地計画とは

「梅田1丁目1番地計画」(大阪神ビルディング及び新阪急ビルの建替計画)は阪神電気鉄道株式会社と阪急電鉄株式会社(阪急阪神不動産株式会社が担当)が進める開発プロジェクトです。

プロジェクト概要のまとめ、および現地調査を行って工事の進捗状況を報告します。工事の進捗は随時更新していきます。

 

プロジェクトの概要と進捗

阪急うめだ本店が入居する梅田阪急ビルは2005年から解体、2012年に全面開業しており、これを「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」、阪神梅田本店が入居する大阪神ビルディングを建て替えたのち「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」となります。阪急阪神ホールディングスグループの最重要拠点である大阪梅田の中心に位置する2棟の高層タワービルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称することになります。

 

 

○ 大阪梅田ツインタワーズの概要

引用元:阪神電鉄(株)ニュースリリース(https://www.hanshin.co.jp/company/press/detail/2233)

 

○ 前面道路の様子(西向きに撮影 右手は大阪駅)

 

 

工事の進捗(阪神百貨店)

大阪神ビルディングは2014年から建て替え工事が始まり、2018年春にはⅠ期棟が竣工、阪神百貨店が部分開業しました。続けてⅡ期棟の解体〜建て替えが進んでいます。

 

○ Ⅱ期工事(解体) 2019年2月15日撮影

 

○ Ⅱ期工事の進捗状況 2020年11月5日撮影

 

○ 完成予想イメージパース

引用元:阪神電鉄(株)ニュースリリース(https://www.hanshin.co.jp/company/press/detail/2233)

 

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの特徴

大阪梅田ツインタワーズ・サウス(阪神百貨店)は道路上空利用と容積率2000%という従来、法律で認められていない開発が特徴です。この開発を進めるために、道路上空利用に関しては都市の国際競争力強化、災害時の一時滞留スペースの確保をアピール、容積率に関しては周辺公共施設の整備・維持管理などの公共性が評価され、規制緩和を獲得しています。

 

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの概要 引用元:阪神電気鉄道(株)

 

百貨店ゾーン(2018年6月1日部分開業)

新しくなる阪神梅田本店は、解体工事前と同規模(延床面積:約10万㎡)で、地下2階、地上9階部分になります。現在も営業を続けながら建替工事が行われています。

 

オフィスゾーン

地上11階〜38階の高層部分に、最新の設備を備えた、1フロア当たりの面積約4500㎡、天井高2.9mの開放感あふれる大型オフィスが完成します。

 

○ オフィスの魅力

梅田1丁目1番地計画は阪急阪神ホールディングスグループが運営する多くのビル(ハービスOSAKA・ENT、梅田阪急ビル、阪急ターミナルビルなど)の中心に位置しているため、梅田の企業や働く人が各ビルが提供するサービスを利用しやすくなります。カンファレンスゾーンや貸会議室、コワーキングスペースなど、交流拠点となり得るので、入居する企業はもちろん、大阪梅田の国際競争力の強化にも貢献します。

 

カンファレンスゾーン

 道路上空を建築利用することで生まれる大空間を活用し、地上11階に約4000㎡のカンファレンスゾーンを整備します。カンファレンスゾーンを“ビジネス情報発信の場”、“国際的に活躍する人材育成の場”、“多様な人材による交流の場”として活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、国際競争力の強化に資することを目指します。また、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用することで、防災機能の強化にも貢献します。

 

道路上空部分利用の様子

 

スカイロビー

 オフィスゾーン11階には、スカイロビーを整備し、オフィスワーカーや来街者に開放するとともに、ギャラリー等の情報発信の場としても活用できるようにします。スカイロビーには、地上部から大型エレベーターで直接アクセスすることが可能で、またスカイロビーと百貨店ゾーンはエスカレーターで繋がります。

 

屋上広場

 低層部分の屋上において、賑わいと交流の場を創出するために屋上広場を整備するとともに、都市環境の改善に資する屋上緑化等を行い、同ビルのオフィスワーカーや来街者向けにゆとりと潤いのある豊かな空間を形成します。また、当該広場を災害時における一時避難スペースとしても活用します。

 

工事の進捗と今後の予定

現在までの工事の進捗と今後の予定は以下の通りです。当サイトでも現地調査を継続し、進捗状況を写真を交えて報告します。

 

2014年10月

(済)新阪急ビル解体

2015年2月 (済)大阪神ビルディング東側解体
2015年7月 (済)大阪神ビルディング 東側工事着手
2018年4月

(済)新阪急ビル竣工

(済)大阪神ビルディング 東側竣工

2018年6月

(済)大阪神ビルディング西側解体

2019年6月

(済)大阪神ビルディング 西側工事着手

2021年秋

大阪神ビルディング 西側百貨店部分竣工

2022年春

全体竣工(オフィス部分開業)

 

進捗状況調査 2021年1月7日

 

2021年1月7日撮影 オフィスゾーンの様子

 

 

検索

スポンサーリンク

-大阪の開発プロジェクト

© 2021 大阪不動産リサーチ