その他の投資(FX、株式投資)

【収支報告】FX初心者の運用結果(12月)

スポンサーリンク

2019年 FX運用12月の概況

2019年はDMM FX、ヒロセ通商、アイネット証券で口座を開設して、運用方法や投資する通貨を変えて試行錯誤しています。

今年を締めくくる12月末時点の収支および2019年の累計収支を報告します。

 

12月のまとめ

・DMM FX → マイナス3.4万円で、2019年累計収支は10.2万円のマイナス

・ヒロセ通商 → 豪ドル・南アランドが大きく円安に動いたためプラス3.9万円、2019年累計収支はプラス12.0万円

・アイネット証券 → 豪ドル安、NZドル高の傾向が続いたため、マイナス5700円

 

12月の口座別運用報告

2019年の最終月はDMM FXが大きなマイナスとなりましたが、ヒロセ通商が大きなプラスを計上しトータルではほぼプラスマイナス0になりました。

口座別に運用の概要を報告します。

 

DMM FX 豪ドル/円、USドル/円

DMM FXは2018年から裁量トレード用の口座として利用しており、豪ドル/円をメインで、状況によりUSドル/CAドルも運用中です。

豪ドル/円 が想像以上に円安に進んだため、12月はマイナス3万円以上という成績で2019年累計も10万円のマイナス収支に終わりました。

裁量トレードに限界を感じつつあるため、スワップ狙いのヒロセ通商、ループイフダンのアイネット証券との兼ね合いも考えて2020年は資金の割合を下げようと思っています。

 

>> DMM FXの口座開設はこちら(20,000円のキャッシュバックあり!)

DMM FX

 

ヒロセ通商 豪ドル/円、南アランド/円、トルコリラ/円

ヒロセ通商は主にスワップポイントを狙って豪ドル/円と南アランド/円を中心に、トルコリラ/円とメキシコペソ/円を少し取引しています。

 

>> ヒロセ通商の口座開設はこちら(最大50,000円キャッシュバック!)

FX取引ならヒロセ通商へ

管理人おすすめです!

 

12月の平均レートは豪ドル=76.223円、南アランド=7.374円、トルコリラ=17.750円、メキシコペソ=5.483円と大きな変化はありませんでした。

通貨別に見ると、特に豪ドル/円と南アランド/円が円安に動いたこともあり、12月の収支は3万円以上のプラス収支で終えることができました。

2019年累計でも12万円のプラス収支となり、豪ドルと南アランドの円安傾向に支えられているとは言え、年間利回り25%超という申し分のない結果が得られました。

ぐりーんりんく号
DMM FXに利益を全部食われているけどね・・・

 

豪ドル円

12月は1豪ドル74円台前半〜76円台半ばで推移し、75円までとしていた予想よりも円安が進んだため、含み損は解消しました。

一部のポジションは決済し、スワップポイントによるリカバリーもあるためプラス収支になりました。

 

 

南アランド円

12月は先月に引き続いて円安が進んだため含み益が出るまでになっており、スワップポイントも含めてプラス圏を維持しました。

このまま8.0円を超えるところまで回復するのであれば一部のポジションを決済することも考えていますが、当面このまま保持します。

 

 

トルコリラ円

今月も17円台のポジションを維持しており、スワップポイントにより利益を増やしています。

また円高傾向になっているので、17円台をつけることがあれば少しだけ買い増したいと思っています。

 

 

メキシコペソ円

メキシコペソ/円は9月から小ロットでの運用を開始しました。

12月末のスワップポイントは1Lot(10000通貨)あたり10円でやや低下していますが、10年間の為替変動の中で現在のレートは最低水準に近い状況です。

5.5円を切ったらもう少し買い増したいですが、あまり多くのポジションを持ちすぎないようにしています。

 

 

アイネット証券 豪ドル/NZドル(ループイフダン)

ループイフダン運用はアイネット証券を使い、為替研究所様(管理者Yuki様)の初心者向けループイフダン企画(下記リンク参照)に参加しています。

9月に一旦停止した豪ドル/NZドルは、11月半ばにレートが1.06台になったため再開しましたが、思った以上にNZドルが強く、1.04台まで下がったため、含み損状態です。

 

 

メキシコペソ/円はスワップが大きいため予想以上に含み益が出ており、今後もレバレッジを上げすぎないように注意しつつ運用を継続します。

 

>> アイネット証券の口座開設はこちら

シストレi-NET

初心者の管理人も簡単に設定できました! 

 

12月と2019年累計の運用収支結果

2019年12月末現在の運用収支を公開します。

 

注:いずれの口座も計算時点でのポジション損益を含めた有効証拠金をあらわしています。

 

12月はDMMFXのマイナスをヒロセ通商のプラスが打ち消したためほぼプラスマイナスゼロで終えました。

2019年の累計収支は4.7万円プラスで、利回りは3.2%になりました。

年初のフラッシュクラッシュで1月の収支がマイナス7.7万円からスタートし、春から夏にかけての相次ぐトランプ砲に翻弄されつつも、2019年トータルはプラス収支で終えました。

 

2020年の方針

2019年累計収支はプラスだったものの、裁量トレードのDMM FXは散々な結果になりました。

2020年は2019年の口座残高をそのまま引き継いで、DMM FX:40万円、ヒロセ通商:60万円、アイネット証券:53万円のトータル153万円を運用し、スワップ狙いとループイフダンの比率を高め、裁量トレードを下げることにします。

今後も勉強を続けていつのひか裁量トレードが最も利益を出せるようになればと思いますが、本来のテーマである不動産投資に時間を割く2020年にしたいと考えます。

検索

スポンサーリンク

-その他の投資(FX、株式投資)

© 2020 大阪不動産リサーチ