大阪の開発プロジェクト

【現地調査】東成区大今里3丁目計画 店舗・事務所ビル【写真更新】

スポンサーリンク

(仮称)東成区大今里3丁目計画とは

東成区大今里3丁目計画は、Osaka Metro今里駅徒歩1分の場所に店舗・事務所ビルを建築する計画です!

計画地は国道308号沿いの元TSUTAYA今里店(2018年10月閉店)の跡地です。

現地を訪問して周辺環境、工事の進捗状況などを調査しました。

 

現地の様子(2020年7月5日撮影)

 

今里駅周辺の注目ポイント!!

大阪の不動産 今里駅の注目すべき5つのポイント

今里駅(Osaka Metro)の魅力!残念?ポイントまとめ Osaka Metro今里駅周辺の調査を行い、魅力ポイント・残念ポイントをまとめました。   ポイント 公共施設、スーパー、飲食 ...

続きを見る

 

 

計画の概要

事業の概要は以下のとおりです。

 

計画地 大阪市東成区大今里3丁目
事業者 株式会社ピカソ
延床面積 1617.13㎡
敷地面積 391.41㎡
内容 物販店舗、飲食店向け商業施設
着工 2020年1月6日
竣工予定 2020年8月31日

 

ぐりーんりんく号
同じ3丁目計画でも梅田3丁目計画(延床面積:229,000㎡)の0.7%しかないよ!スケールが違うね・・・

 

建築計画のお知らせ

 

建物の概要

建築される店舗・事務所ビルは地上6階建、建築面積286.23㎡、延床面積1617.13㎡です。

 

階数 床面積 ㎡(坪) 賃料 坪単価(税別)
1階 237.3(71.80) 30,000円
2〜5階 255.5(77.29) 12,000〜15,000円
6階 255.5(77.29) 15,000円

 

※ テナント募集の物件資料によれば、5階と6階は入居者が決まっています(2020年6月27日資料入手)。

 

賃貸条件は、スケルトン渡し、天井高2,700mm(1階のみ3000mm)、1階は店舗、2〜6階は店舗または事務所として利用でき、業種は相談可能となっています。

設備は、北側に64台分の有料駐輪場と原付用駐輪場を備え、階段2か所、エレベーター2基(9人乗り、13人乗り)が設置されます。

 

交通利便性

公共交通機関は、Osaka Metro 千日前線・今里筋線 今里駅、いまざとライナー(BRT)、大阪シティバスを利用できます

なお、近鉄奈良線にも今里駅がありますが、本物件からは徒歩約10分かかるため最寄駅にはならないことに注意が必要です。

 

道路は千日前通、長堀通、今里筋が交わる五叉路、今里交差点に隣接していますが、本物件は駐車場が設置されていないため車利用がしにくい点はデメリットです。

 

今里交差点(五叉路)

 

今里駅から公共交通機関を利用した主要駅へのアクセス

大阪市内の主要駅である梅田(大阪)、なんば、天王寺から平日朝9:00にOsaka Metro 今里駅に到着するという設定で、交通手段と所要時間を調査しました。

 

駅名 交通手段 乗換回数 所要時間
梅田 地下鉄 1回 22分
なんば 地下鉄 0回 8分
天王寺(1) いまざとライナー 0回 23分
天王寺(2) 地下鉄 1回 12分
新大阪 JR-地下鉄 1回 28分

 

大阪市内の主要駅から30分以内で今里駅まで来ることができ、アクセスは十分優秀です。

 

いまざとライナー(BRT)の今里駅

 

周辺の開発状況

Osaka  Metro今里駅周辺は、以前から注目しているエリアで、単身者向け賃貸マンション、ファミリー向け分譲マンションともに開発が活発です。

いくつか計画中のマンションがあり、飲食店や物販店舗の需要は高いと考えます。

 

(仮称)MP東成区大今里南1丁目PJ

株式会社ミラージュパレスが計画するプロジェクトで、9階建・64戸の単身者向け共同住宅が建築中です。

 

○ (仮称)東成区大今里南1丁目マンション新築工事

松原建設が建築主の7階建共同住宅です。2020年11月に竣工予定になっています。

 

 

現地追加調査

定期的に現地調査を行って工事の進捗状況を更新します。

 

2020年9月27日 現地調査

建物の骨組みができ、大きさがわかるようになってきました。

2020年9月27日撮影

 

2020年11月1日 現地調査

覆いがかぶせられ、中の様子をうかがうことはできませんが、工事は進んでいるようです。

2020年11月1日撮影

 

 

まとめ

大今里3丁目計画ビルには他の地域からここを目的に訪れる人は少ないと思われますので、今里駅周辺の開発が重要です。

Osaka Metro今里駅周辺はここ数年で複数の分譲・賃貸マンションが建設され、今もなお、複数のマンション開発計画があり、商業ビルの需要は高いと考えます。

今後も現地調査を継続し、工事の進捗を報告します。

検索

スポンサーリンク

-大阪の開発プロジェクト

© 2020 大阪不動産リサーチ