運用実績紹介

【投資額公開】4年目の不動産クラウドファンディング収支報告(3月)

スポンサーリンク

2021年3月の不動産ファンド結果報告

不動産クラウドファンディングの2021年3月の投資額や配当額を公開して収支報告します。3月は今年初めて抽選式ファンド(Rimple)に当選し、月末時点の出資総額は約689万円になりました。

 

投資家登録している不動産クラウドファンディング

 

融資型ファンド 不動産特定共同事業型
OwnersBook CREAL
CRE Funding Jointo α
FUELオンライン ASSECLI
bitREALTY FANTAS funding
LENDEX Rimple
Funds ぽちぽちFUNDING
SAMURAI FUND X-Crowd
Pre REIT Fund RENOSY
  わかちあいファンド
  WARASHIBE

 

 

2021年3月 不動産クラウドファンディング収支

2021年3月末時点の投資額と月間収支は以下のようになりました。

 

 

3月単月の投資残高は約689万円、税引後配当額は7,632円、2021年平均投資残高は約658万円、平均月額配当(税引後)は9,851円となりました。この配当額は平均出資残高に対して1.80%に相当します。

 

ぐりーんりんく号
毎月の手取り配当がおよそ1万円くらいになる目安にしてください!

 

出資先の割合は最大が CREAL(23.5%)、2位が OwnersBook(15.0%)、3位が bitREALTY (14.4%)となり、2月と同じ順位でした。利回りの高さと信頼性のバランスを考えながら出資ファンドを選んでいるので、出資割合が高いサービスはおすすめのサービスとも言えます。

 

2021年4月の展望

関東1都6県も緊急事態宣言が解除されましたが、大阪府や宮城県などで再び陽性者数が増えるなどコロナ禍の影響は続いており、もはやWithコロナをスタンダードと考えた方が良いかもしれません。

 

OwnersBookの大阪市中央区ホテル素地ファンドではインバウンドの減少などの影響により売却が予定通り進まず、最終弁済日の延長という措置が取られました。債務不履行ではなく、利息はそのままで弁済日を延長するものなので慌てることなく、状況を見守りたいと思います。

一方で、各サービスともにファンド組成は活発に行われていますので、対象不動産の厳選、ファンド調査を継続して出資を続けていきたいと思います。姉妹サイトクラファンリサーチでもファンド調査記事をアップしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

注目の不動産クラウドファンディング3選

管理人が投資家登録している中から特に注目している事業者を3つピックアップし、3月末時点の管理人の出資割合とファンドの特徴を紹介します。

 

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBookの運営会社ロードスターキャピタルは2017年に東証マザーズに上場した総合不動産会社で、不動産実務のプロフェッショナルが揃っていることがポイントです。管理人の初投資はOwnersBookであり、3月末時点で出資額全体の15.0%を占めています。

 

OwnersBookのファンドは戸建用地、オフィス、商業ビル、マンションなど多彩な不動産が対象で、募集額が億単位のファンドも多数募集されます。3月はマンションやレジデンスを対象とするファンドが3件募集されました。コロナ禍でもファンドのリリースは順調なので常にチェックし続けたいサービスです。

 

OwnersBookに登録する

 

 

CREAL(クリアル)

CREALの3月は募集金額5億5670万円の「文京区湯島1棟レジデンス」と募集金額3億9800万円の「ドムス・スタイル森下」が募集され、合わせて9億5000万円超の募集にも関わらず満額成立しました。どちらもレジデンスファンドであり、コロナ禍でも収益を得られる不動産の傾向が変わってきている気配を感じます。

管理人は「文京区湯島1棟レジデンス」ファンドに出資し、CREALへの出資割合が23.5%と2月をさらに上回って過去最大になりました。

 

>> これまでに配当遅延や元本割れは無し!

詳しくはコチラから

 

 

Jointo α (ジョイントアルファ)

穴吹興産が運営する不動産クラウドファンディングJointoα(ジョイントアルファ)は3月に1件の区分マンションファンドをリリース、4月にも区分マンションファンドアルファアセットファンド谷町六丁目をリリース予定になっています。緊急事態宣言のために募集開始が5月13日に延期された小樽駅前のホテルファンドの動向にも注目していきます。

香川県に本社がある穴吹興産が運営者するサービスということもあり、4/1〜4/30までに新規会員登録するともれなくさぬきうどんをプレゼントというユニークなキャンペーンも実施中です。

 

東証1部上場企業である穴吹興産が運営するJointo α(ジョイントアルファ)は企業の信用が高く、ファンドの劣後出資比率が高いため元本が毀損するリスクが小さいことを評価しています。管理人のJointo αへの出資割合は5.8%とまだ低いですが、4月の区分マンションファンドは大阪案件なので出資を検討したいと考えています。

 

>> 今なら新規会員登録でさぬきうどんプレゼント!

1__#$!@!#__不明.jpg

 

 

2021年3月のまとめ

2021年3月はこんな月でした。

  • Rimpleで2021年初めての抽選式ファンドに当選
  • 3月末時点の出資額は約689万円で、目標の月末投資残高700万円にあと11万円
  • 3月末時点で出資割合が最も高かったのはCREAL、2位はOwnersBook、3位はbitREALTY
  • 出資割合が高い上位3社の顔ぶれは変わらず
  • 4月1日からJointo αで新規登録するとさぬきうどんプレゼントのキャンペーン

検索

スポンサーリンク

-運用実績紹介

© 2021 大阪不動産リサーチ