大阪不動産リサーチ

40代大阪在住管理人が 大阪の不動産と投資を調査

運用実績紹介

【収支報告】投資3年目の不動産ファンド収支(1月)

2020年1月の不動産ファンド結果報告

不動産投資として行なっているソーシャルレンディング不動産クラウドファンディングの2020年1月の収支と、出資しているファンド事業者の紹介を兼ねて報告します。

 

管理人は、初めてオーナーズブックのファンドに投資してから2年が経過し3年目に突入しました。

2020年は投資金額を徐々に増やし、予算を300万円程度として継続して投資したいと考えています。

 

登録している事業者

ソーシャルレンディング 不動産特定共同事業

Owners Book

LENDEX

Pre REIT Fund

Funds

SAMURAI

CREAL

FANTAS funding

Jointo α

RENOSY

X-Crowd

ASSECLI

 

管理人が投資家登録しているファンド事業者のいくつかをまとめて紹介していますのでご参考にしてください。

 

管理人が出資している不動産ファンド

管理人が投資家登録している中から特に注目している事業者の1月の概要と今後の注目ポイントをまとめました。

 

Owners Book(オーナーズブック)

1月は2件の国内のファンド募集があり、その中から渋谷区マンション底地ファンドに出資しました。

2案件とも利回り5.0%となっており、これは今やソシャレン界では高利回りの部類と言えます。

 

管理人の事業者別出資額は2020年1月末時点でOwners Bookが最大であり、全体の約32%を占めています。

Owners Bookはこれまでの実績から不動産投資に興味を持っている方におすすめできる事業者です。

 

>> Owners Bookへの投資家登録はこちらから

 

 

 

 

LENDEX(レンデックス)

1月は8件のファンドがリリースされ、相変わらず利回りが6%〜11%と高いためか、あっという間に満額成立しました。

利回り8%〜11%の案件は無担保のことがあり、高利回りにはリスクがつきものですが、十分に理解したうえであれば他の事業者では出せない利回りなので出資を検討する価値があります。

 

>> 管理人も出資中! 投資家登録はこちらから

 

 

 

FANTAS funding(ファンタスファンディング)

1月はFANTAS repro(空き家再生ファンド)案件はなく、FANTAS check(レジデンスファンド)でキャピタル重視型5件の募集があり、FANTAS check 54号ファンド(抽選式)に申し込みました。

残念ながら抽選に外れて出資はできませんでしたが、今後も出資申込したいと思います。

 

>> 投資家登録はこちらから

 

CREAL(クリアル)

1月は新規ファンド「Q Stay and lounge上野」が募集され、4億円超の大型案件でしたが満額成立しました。

最近はCREALから区分マンションファンドが募集されていませんが、管理人としてはCREALの特徴を活かしてホテル・保育園などの大型ファンドを継続してほしいと考えています。

 

>> 投資家登録はこちらから

 

 

Jointo α(ジョイントアルファ)

1月は1件の新規ファンドが募集されましたが申し込みすることはできませんでした。

12月の段階で「元本の安全性は高いことから、クリック合戦がかなり激化すると予想」していましたが、予想通りの展開になりました。

Jointo αも認知度・人気が上がり、申し込みが困難な状況です。

 

>> 投資家登録はこちらから

 

X-Crowd(エックスクラウド)

X-Crowdは1月後半に第2号ファンド「すみ蛍おぼろ(京町家宿泊施設)」の募集が開始され、管理人も出資申込しました。

X-Crowdは東証一部上場企業である「インテリックス」が運営する不動産クラウドファンディングで、こちらも認知度・人気が上昇しています。

第1号ファンドはかなりゆとりを持って申し込めましたが、利回りが4%になった今回は数分で満額成立しており、今後はクリック合戦の激化が予想されます。

 

ASSECLI(アセクリ)

ASSECLI(アセクリ)は第1号案件が募集直前に中止になりましたが、1月上旬に再度1号案件が募集されました。

利回り8%だったこともあり、1号案件にもかかわらずあっという間に満額成立となり、管理人は出資申込ができませんでした。

ぐりーんりんく号
次の案件がどんなものになるか楽しみだね!

 

 

2020年1月 不動産ファンド収支

2020年1月収支は以下のようになりました。

※ CREALの配当にはキャッシュバックシャンペーンのプレゼント(1200円)を加えています。

 

1月の配当額(税引後)は約7500円と出資額317万円に対して年率換算で約2.9%の配当になりました。

 

 

2020年2月の不動産ファンドの動向と目標

昨年末、「新規事業者の増加を願うとともに、既存の事業者にも他社との差別化を図るべく特徴あるファンド組成を期待したいと思います」と書きました。

年が明けてから既に運用を始めている事業者、サイトがオープンした事業者など新規参入が複数あり、特徴ある事業者も出ているようです。

2月は新しい事業者への投資家登録と事業者の調査を行いたいと思いますが、事業者がどんどん増えると自身の資金管理が難しくなるので取捨選択も行う予定です。

検索

-運用実績紹介

Copyright© 大阪不動産リサーチ , 2020 All Rights Reserved.